審美歯科で理想の歯に変わろう|白い歯で綺麗スマイル

並びを良くする

マウスピースを使った矯正について

矯正歯科と聞くとぎらぎらとして金具やワイヤーを歯に装着して行っていくイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。確かに、人によってはそういった治療を行うケースもあります。ですが、実際のところすべての人がそれを行うというわけではありませんし、何より、最近ではもっとも便利な方法で矯正が可能になってきています。 それは専用のマウスピースを使用した方法です。定期的に歯の型を取り、それをもとに作った矯正用マウスピースを装着して徐々に歯並びを矯正していくのです。ワイヤー等を使用していくよりも見た目の問題を改善できますし、何よりもマウスピースの仕様によってその矯正具合、調節が可能なのでより痛みの少ない矯正が可能になってきます。

定期的に必要なメンテナンスについて

マウスピースを用いた治療は通常一か月ごとに矯正歯科でメンテナンスを入れる必要があります。というのも、歯の型は日々治療によって変化していますし、その都度マウスピースを変えていかなければその効果を十分に得ることができないのです。少しずつ少しずつ目的の歯並び、かみ合わせへと矯正していくので、その微々たる部分の調整が非常に重要視される治療法ということです。 とはいっても、金具やワイヤーを使う治療方法と比べて患者側の負担がかなり少ないので、たとえ頻繁に矯正歯科に来院することになってもさほど支障はないはずです。 もちろん、矯正歯科によってはこのマウスピース矯正が適用できないこともありますが、もしも興味があるようであれば一度担当の歯科医師に相談してみてはどうでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加