審美歯科で理想の歯に変わろう|白い歯で綺麗スマイル

目立たない治療

治療を受けやすい環境になりつつある矯正歯科治療

現在の矯正歯科では、目立たない矯正器具、見えない矯正器具を使用して治療を行う場合があります。 矯正歯科治療で大きな障害となっていたのが、周知のとおり、目立つ矯正器具を装着しなければならないことでした。目立つ矯正器具を装着して、人から注目されるのが嫌だから、矯正歯科の治療を受けないという人もいたことでしょう。しかし、現在では、矯正器具を装着しても注目されるという心配をせずに矯正歯科の治療を受けることができるのです。 目立たない矯正器具というのは、金具が金属製ではなく、金具の色が白、もしくは透明な矯正器具です。見えない矯正器具とというのは、歯の裏側に装着する矯正器具です。 但し、これらの矯正器具は、まだ限られた歯医者でしか使用されていないのが現状です。しかし、この先、多くの歯医者が使用することになるでしょう。

矯正器具という障害はなくなりつつありますが、なくなる見込みが未だにない障害も矯正歯科にはあります。それは、高額な治療費です。なぜ、なくなる見込みがないのかというと、高額な治療費は保険適用範囲と関係しており、現在のところ、保険適用範囲が見直される予定はないからです。 矯正歯科治療に保険は適用されるのですが、ごく一部しか保険適用は認められておらず、大多数が保険適用外の治療となっています。ですから、矯正歯科の治療を受けるつもりでいるのならば、保険適用外の治療であり、治療費は全額自己負担しなければならないことを覚悟しておかなければならないのです。 しかし、年末調整などにおいて高額医療の申請などを行なっておくと、税金の支払いが免除されたり一部還付されたりすることがあります。これを利用すれば、高額なインプラント治療を受ける際も少しでも費用負担の軽減になることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加